RSS
Admin
Archives

ギャラリー管理人のブログ

ギャラリー管理人の日々のつぶやきなどを... ぶつぶつと(お休み連絡など…)

管理人

mashiko

(似顔絵↑ ILLUSTRATION BY HORY'S

銀座幸伸ギャラリー の管理人をしています益子と申します。会場の管理などおこなっています。基本は事務所に引き蘢ってますので、お近くまでお越しの際には、気軽にお声掛け下さいませ。会場や展示に関するご相談、お問い合わせも気軽にお伝え下さい。
WEB:GINZA KOUSIN GALLERY
WEB:Gallery S.c.o.t.t 2005 - 2011

管理人プロフィール
名前:益子 新吾(ましこしんご)
生年月日:1977.7.27 B型
出身地:茨城県水戸市
現住所:東京都墨田区
好きな食べ物:チョコ・菓子パン・おこわ
嫌いな食べ物:たぶん無いです。
趣味:イラスト・TOYコレクション・模型
アニメ好きのオタク系
休日は、ディズニーランドに行ったり、映画
演劇鑑賞・家でのんびり猫と遊ぶなど…
尊敬している人:ウォルト ディズニー

Twitter:@88MASHIKO(基本)
facebook:益子 新吾(たまに…)
mixi:ウニコーン。(まれに…)

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
管理人へメール

お名前

あなたのメールアドレス

件名

本文

メッセージ
▼ access counter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.03
15


17:41
Category : 過去の記事
「久々におまけを記します(笑)」
どーも、マネージャーの益子です。
なんだか、バタバタと時間が経ってしまいました、作家や作品活動等を紹介して行こうと始めた、このブログも、だいぶお休みしてしまいました、でもやっと戻って来た感じですよ、、、(笑)なので、ちょっとブログ名も変えてみました。放課後って響きがすきなので、放課後の学校の終わった後のって意味で「放課後の美術の時間」と題して改めて記していきたと思います。益子にとっての展示会/仕事が終わった後の、美術の時間って意味ですね。 ※「の」が多いのはアレです、ジブリ的なアレです♪(笑)

IMGP3784.jpg IMGP4334.jpg IMGP3796.jpg
そう、ちょっと遅れてしまった理由のひとつに2009年は夏の事でした、7月に入院しまして、一番テンションの高い時期でもありましたね(笑)5月[ 森 由香里 個展 - 地味に目立つ - ]をやって 6月[ - land scape grace - ]ここいらでダブル上げで上がってきたテンションが 6月の[ ミヤマアキラ 個展 - 45°後の世界 - ]で、上がりすぎて、45°後の世界へ行ってしまったと言う事です(笑)テーマ展のゾウ展もあって、ちょうど少女画展・マトリョーシカ展・空想の街ってリズムで企画していたのもありますが、もう~バタバタでした。テンションや調子は凄く良かったんですがね♪身体がついてきませんでした(笑)

IMGP3772.jpg IMGP3731.jpg IMGP3708.jpg IMGP4529.jpg

でも、、今思うとこの入院がとっても大事だったのかもしれません。(ターニングポイント?何回目だよ!)Gallery S.c.o.t.t の地下生活を始めて(笑)ちょうど4年目で、、、パタリって感じでした、、、いや笑い事ではないのですが、今では笑い事でお話出来る自分は幸せだとも思っています。人は以外に簡単に行ってしまうのだとも思いました。たかが気胸だったのですが、右肺が完全に潰れていた事と、日曜日の病院状況から、益子の場合あとすこし遅れていたら… みたいな状況で先生に「なんで!救急車呼ばなかったの!」っておこられました。(歩いて行ってしまいました、、今でもあの道のりは思い出すと恐ろしいです。俺は入院でもおこられるのかい)そんなこんなで7月は病室でノートパソコンで仕事をしていました。スタッフの池谷さんや、相壁さんやfrankenji.が、益子の留守を守ってくれました。またその間の展示の人にも迷惑をかけました~。キャナウの吉原さんや、羽鳥さんや2階銀座幸伸ギャラリーの方々、本当にご迷惑お掛け致しまして申し訳ありませんでした。山本さんなんて話ししていた次の日に消えた状態でしたからね、ごめんなさいね。また病院では、池谷さんとの言合いのメールと優しい看護婦さんが印象的でした♪(すごく良い時間でもありました。) はっ羽鳥さんなんて俺の企画なのに益子無しで、、、皆さんホントにごめんなさいでした。

Image163.jpg IMGP4445.jpg IMGP4335.jpg

この経験から、色々学びました。とほほ・・・
この事以来、何か変わっていく自分も感じています。一番大事な事が未来では無く、今であったり。自分の中の意味が何か・・・時間が経つにつれて変わって来ている様です。

IMGP4332.jpg IMGP4225.jpg IMGP3667.jpg

また Gallery S.c.o.t.t もそうでした。退院後、帰った時まるで他のギャラリーに来た様な感じで。不思議に見えました。今迄4年間ゆっくり変化させてきていたから、気づかなかったのか、S.c.o.t.t をこんな風に見たのは始めてでした。すごくドキドキ羽鳥さんの個展会場を見たのを覚えています。

作品を見る時、感じる時のポイントとして「客観的」な位置からの見方というのがあります。これはご存知の事と思いますが、以外に難しい事なんだと思いました。そこに居ては見えないのかもしれません。車を運転していたら、自分の車の格好良く走る姿が見えません。当たり前ですが(笑)ただ誰かに運転してもらうと、自分の車がこう走っているのか!と、確認出来るのです。まあ理想的には走りませんね(笑)ただ、、新たな見方や、魅力を感じる事があります、それは自分がコントロールしていないからでしょう。人の物も良くみえるものです。

その期間お休みしていた Gallery S.c.o.t.t が良く見えました。羨ましくも見えて、「ここは自分のギャラリーだって、、」(笑)なんだか恥ずかしいですが、始めて Gallery S.c.o.t.t へそう感じました。瀧澤さんの個展の時には謝って、今回は自分の物だって、何だかな、、、

IMGP3684.jpg IMGP4448.jpg IMGP4553.jpg

そう客観的とは、新たな見方や魅力を確かめる事ができるのだと思いました。

ギャラリーもそうですが、作家や作品をサポートする上で、益子がマネージャーとして大事にしているのは、マネージャーとしての立ち位置からの「客観的」な見方。Gallery S.c.o.t.t にずーと居る事で見えていない S.c.o.t.t の魅力、良さ、使い方が、何となく見えて来た様な気がしました。良く作家と「キャンバスとの話の仕方」について話しますが、それに似ている感じがします。ちゃんとした意味や存在をわかってあげるには、ちゃんとお話してあげないといけないんですね、、、見えていると思っている事が「思い込み」なのかなって思いました。

Image1831.jpg Image172.jpg Image186.jpg


今この場所を本当に良く見たいのであれば、この場所を離れるしかないのかもしれません。そうする事で見えて来る。壁だってそうですね、戦う事もだいじだだが、逃げる事や回避する事で、本当の壁の意味が見える場合もあります。益子が夏ギャラリーを離れたのも何か意味があっての事だったのかと、、、今は思っています。

Gallery S.c.o.t.t はもうすぐ7月で5周年になります。

Image092.jpg IMGP4530.jpg IMGP4338.jpg IMGP3710.jpg

ある作家がこういうタイトルの展示会をしました「宇宙は以外に2LDK」確かにそうかもしれませんね。ワンルームでは説明できないんです。また二部屋でも・・・ひとつの宇宙を確認する為のもうひとつの宇宙。そしてそれの間に曖昧に存在するダイニングキッチン(笑)そんなに物理的で無いですが、、いやいや、ワンルームがダメって言ってないですからね、ワンルームにはワンルームの良さがあり、ワンルームでないと出来ない事があります。
どちらかというと本人がどっちに合っているかです。

「その作品はその会場に合っていないだけですよ、その作品の合っている場所へ行かなければならないのです!その逆も有りですが、、」ちゃんと作品を見てあげてくださいね!(なんか最後のテンション変ですね、、笑)
マネージャー益子、2010.3.15


※ここに記している内容はあくまでも益子の考え方などであります。